丸はFA宣言で残留か 広島“去る者追わず”から軟化の裏事情

公開日: 更新日:

 球団の歴史を変えるか。

 国内FA権を取得した広島丸佳浩(29)。球団は4年総額17億円の複数年契約を提示する見込みだ。巨人は5年25億円超の大型契約を用意するとみられているが、行使残留となれば球団史上初となる。

 FAにおける広島は「去る者追わず」のスタンスを貫いてきた。その結果、江藤智、金本知憲新井貴浩らの強打者が流出。過去には黒田博樹や新井に「行使残留OK」の姿勢こそ見せていたものの、その前例はなく、事実上認めてこなかった経緯がある。昨オフ、年俸更改で複数年契約の提示をせず、タイトル料すらなかった丸も例外ではないと思われた。

■育たない後継者

 しかし、今回は様子が違う。8月から残留交渉を開始。松田オーナーは「最大限引き留めないと。他球団の評価を聞きたいのなら聞いてみてもいい」と態度を軟化。その裏には「ポスト丸」の後継者不足がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る