松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

盛り上がらない日米野球の舞台裏を勝手に妄想してみた

公開日: 更新日:

 今年の日米野球でメジャーリーガーたちが飛行機の中で上層部から告げられたことを想像する。
上層部「オフでみんな大変な時期にご苦労さん。恒例というか、まあ半分惰性で続けてる日米野球、誰かが犠牲になる。

 前田健太クンにはまあ、故郷に錦を飾るという誉れもあろうから頑張ってちょうだい。

 みんなワイフ同行の観光旅行だと思って楽しんでくれ。ただし、観光気分というそぶりは決して出すな。せめて正々堂々と試合をしているという態度は見せてもらいたい。

 彼らは東京オリンピックで金メダルを取るという目標がある。君たちにはそれがない。やってられるかという気分になるのはよ~く分かる。

 しかし! 日本はMLBにとっては大切な市場である。今年は大谷翔平クンの活躍でテレビ視聴率も伸びた。大谷に続こうと、安くて使い勝手のいい選手がNPBにゃゴロゴロいる。ブンブン振り回してホームラン打ちたがる選手も出てくるだろう。とにかく彼らを手当たり次第褒めろ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る