日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

公開日:

「世界のギータ」になりつつある。

 日米野球でメジャーリーガーも驚愕の活躍をしているソフトバンクの柳田悠岐(30)。9日のサヨナラ2ランをはじめ、計4試合で15打数6安打(打率.400)、7打点、2本塁打と当たっている。

 MLBのベースコーチを務める松井秀喜氏は「何か特別なものを持っている。中堅から逆方向にあれだけ距離が出るのは、今までの日本人打者にはいなかった」と絶賛した。

 柳田は大のメジャー好きで知られ、バッティングの参考にしているのは、かのバリー・ボンズや、昨年39本を放ち新人の本塁打記録を作ったドジャースのベリンジャー。当然、メジャー志向も強いが、ソフトバンクはポスティングシステムによるメジャー移籍を認めていない。柳田は昨オフ、球団にポスティングを直訴するも却下され、3年契約を結んだ経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る