日米野球でもマスクの甲斐に「メジャーでも通用」と太鼓判

公開日:

「体は大きくないし、打撃に課題はある。しかし、それを補える能力を持っている」

 9日に行われた日米野球に8番でスタメン出場した侍ジャパンの捕手・甲斐拓也(26=ソフトバンク)について、米東海岸の球団のスカウトがこう言う。

 12球団トップの盗塁阻止率・447を誇り、日本シリーズでも大活躍。MLB公式サイトにも取り上げられるなど、米球界でも注目されている。

「海外FA権の取得はまだまだ先だが、継続して見ていきたい選手」と、前出のスカウトはこう続ける。

「ステップ、スローイングまでの俊敏性、二塁送球の正確性はもちろん、日本シリーズという大舞台で能力を発揮できる。メジャーは今、俊敏さも重要になっている。投手への気配りやコミュニケーション能力といった捕手としての資質も高い。彼は、投手への返球一つとっても、素早く返したり、アイコンタクトを取ったり、一球一球を大事にしていることがネット裏で見ても伝わってくる。キャッチングもいいね。メジャーでは捕手ごとのストライク、ボールがすべてデータで出てくる。ストライクに見せる技術は重要。ほぼバッテリーを組んだことのない先発のキシも投げやすかったろう。日本の捕手がメジャーでプレーする場合、『資質』の部分が大事になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る