日米野球でもマスクの甲斐に「メジャーでも通用」と太鼓判

公開日: 更新日:

「体は大きくないし、打撃に課題はある。しかし、それを補える能力を持っている」

 9日に行われた日米野球に8番でスタメン出場した侍ジャパンの捕手・甲斐拓也(26=ソフトバンク)について、米東海岸の球団のスカウトがこう言う。

 12球団トップの盗塁阻止率・447を誇り、日本シリーズでも大活躍。MLB公式サイトにも取り上げられるなど、米球界でも注目されている。

「海外FA権の取得はまだまだ先だが、継続して見ていきたい選手」と、前出のスカウトはこう続ける。

「ステップ、スローイングまでの俊敏性、二塁送球の正確性はもちろん、日本シリーズという大舞台で能力を発揮できる。メジャーは今、俊敏さも重要になっている。投手への気配りやコミュニケーション能力といった捕手としての資質も高い。彼は、投手への返球一つとっても、素早く返したり、アイコンタクトを取ったり、一球一球を大事にしていることがネット裏で見ても伝わってくる。キャッチングもいいね。メジャーでは捕手ごとのストライク、ボールがすべてデータで出てくる。ストライクに見せる技術は重要。ほぼバッテリーを組んだことのない先発のキシも投げやすかったろう。日本の捕手がメジャーでプレーする場合、『資質』の部分が大事になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る