誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

公開日: 更新日:

【ダンロップフェニックス】

 2週連続で日本ツアー出場の松山英樹(26)は、初日1オーバー56位タイと出遅れた。松山にとって大事なスポンサー大会であり、4年前は通算15アンダーで優勝して実績も十分。関係者の多くは好スタートを切って、試合を盛り上げてもらいたいと願ったが、期待に応えられなかった。

 イン発進のこの日は、14番パー4で誤球のルール違反を犯し、ダブルボギーをたたいた。

 ティーショットは同組の飛ばし屋、星野陸也(22)と同じ左方向に飛んでいき、2人のボールは左ラフに2メートル離れてタテに並んだ。松山は星野よりも飛ばないと思い込み、さして深いラフではなくボールもよく見えたが、確認を怠った。そして手前のボールを先に打って、グリーン上で誤球に気付いた。松山だけでなく星野も2罰打を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る