通算3オーバー30位…松山英樹の悩み深いショット&パット

公開日: 更新日:

【WGC―HSBC選手権】 

今大会で2018年の米ツアー全日程を終えた松山英樹(26)だが、アジアシリーズの韓国、中国との2連戦で好材料をつかんだとは言い難い。イン発進の最終日は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72で回り通算3オーバー30位に終わった。

「収穫は思ったようなパットが打てなかったこと」とホールアウト後のコメントも自虐的だった。

「ショットもパットも思うようにいかなくてスコアを伸ばせなかった。これから日本で2試合に出て、(優勝という)結果を出したい気持ちは強い。しかしコントロールできるショット、パットができなければ勝てない」(松山)

 未勝利に終わった2017―18年シーズンは終盤になってようやく調子を上げて5年連続のプレーオフ最終戦に駒を進めたが、逆戻りだ。今後は三井住友VISA太平洋マスターズ(11月8日開幕)、ダンロップフェニックス(同15日開幕)の2連戦に出場する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る