通算3オーバー30位…松山英樹の悩み深いショット&パット

公開日: 更新日:

【WGC―HSBC選手権】 

今大会で2018年の米ツアー全日程を終えた松山英樹(26)だが、アジアシリーズの韓国、中国との2連戦で好材料をつかんだとは言い難い。イン発進の最終日は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72で回り通算3オーバー30位に終わった。

「収穫は思ったようなパットが打てなかったこと」とホールアウト後のコメントも自虐的だった。

「ショットもパットも思うようにいかなくてスコアを伸ばせなかった。これから日本で2試合に出て、(優勝という)結果を出したい気持ちは強い。しかしコントロールできるショット、パットができなければ勝てない」(松山)

 未勝利に終わった2017―18年シーズンは終盤になってようやく調子を上げて5年連続のプレーオフ最終戦に駒を進めたが、逆戻りだ。今後は三井住友VISA太平洋マスターズ(11月8日開幕)、ダンロップフェニックス(同15日開幕)の2連戦に出場する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  3. 3

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  6. 6

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  7. 7

    「中東に自衛隊派遣」わざわざ速報の不可思議とウラの狙い

  8. 8

    ワイドショーのラグビーW杯解説 秀逸なのはテレ朝の玉川徹

  9. 9

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  10. 10

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る