通算3オーバー30位…松山英樹の悩み深いショット&パット

公開日: 更新日:

【WGC―HSBC選手権】 

今大会で2018年の米ツアー全日程を終えた松山英樹(26)だが、アジアシリーズの韓国、中国との2連戦で好材料をつかんだとは言い難い。イン発進の最終日は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72で回り通算3オーバー30位に終わった。

「収穫は思ったようなパットが打てなかったこと」とホールアウト後のコメントも自虐的だった。

「ショットもパットも思うようにいかなくてスコアを伸ばせなかった。これから日本で2試合に出て、(優勝という)結果を出したい気持ちは強い。しかしコントロールできるショット、パットができなければ勝てない」(松山)

 未勝利に終わった2017―18年シーズンは終盤になってようやく調子を上げて5年連続のプレーオフ最終戦に駒を進めたが、逆戻りだ。今後は三井住友VISA太平洋マスターズ(11月8日開幕)、ダンロップフェニックス(同15日開幕)の2連戦に出場する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る