鈴木誠也が「1」継承で背負う 広島の流出阻止“4カ年計画”

公開日:

 6年ぶりに復活する。

 19日、広島の鈴木誠也(24)が背番号「1」をつけると発表された。2013年に前田智徳氏(47)が引退して以来、空き番号だった。過去の「1」は古葉竹識氏、大下剛史氏、山崎隆造氏、そして前田氏。大下氏を除き、現役時代は広島一筋の生え抜きが名を連ねてきた。

 鈴木球団本部長は「重みのある番号。これを背負えるのは誠也しかいない」と言ったが、背番号1には「生涯広島」という“裏テーマ”がある。球団関係者は言う。

「広島は江藤、金本、新井と、これまで多くの4番を流出させてきた。生え抜きのイメージが強い『1』を背負わせることで、FAによる他球団移籍やメジャー流出を阻む狙いがあるのです」

 鈴木はメジャー志向が強いことで知られ、すでにメジャースカウトの評価も高い。同じ1994年生まれのエンゼルス大谷翔平の存在が大きく、「楽しそうに野球をやっていて、うらやましい。メジャーの試合も翔平がいるから見るようになりました」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る