快進撃の貴景勝 来場所の大関とりで試される「真の強さ」

公開日:

 重戦車さながらの勢いだ。ただ1人、1敗を守っている貴景勝(22)が21日も勝利。栃煌山を突き押しで攻めると、タイミングをずらしてからはたき込んだ。175センチ、170キロのずんぐり体形を生かした下からの攻めを武器に、これで10勝1敗。高安ら3力士が2敗で追っているとはいえ、初優勝も現実味を帯びてきた。

 となれば、期待がかかるのが来場所の大関とりだ。大関の昇進基準は「三役で3場所33勝以上」。先場所は小結で9勝6敗の成績だった貴景勝は、今場所と来場所を合わせ、24勝以上なら条件をクリアできる。今場所すでに10勝していることを考えれば、無理な数字ではないだろう。

 だがしかし、来場所こそが正念場だ。

 貴景勝の突き押しの強さは、角界ではトップクラス。それでも、真正面から次々に対戦力士を粉砕している今場所ほどの強さは、以前にはなかった。ほとんどの力士は「ここまで強かったとは……」と目をみはっているはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る