快進撃の貴景勝 来場所の大関とりで試される「真の強さ」

公開日: 更新日:

 重戦車さながらの勢いだ。ただ1人、1敗を守っている貴景勝(22)が21日も勝利。栃煌山を突き押しで攻めると、タイミングをずらしてからはたき込んだ。175センチ、170キロのずんぐり体形を生かした下からの攻めを武器に、これで10勝1敗。高安ら3力士が2敗で追っているとはいえ、初優勝も現実味を帯びてきた。

 となれば、期待がかかるのが来場所の大関とりだ。大関の昇進基準は「三役で3場所33勝以上」。先場所は小結で9勝6敗の成績だった貴景勝は、今場所と来場所を合わせ、24勝以上なら条件をクリアできる。今場所すでに10勝していることを考えれば、無理な数字ではないだろう。

 だがしかし、来場所こそが正念場だ。

 貴景勝の突き押しの強さは、角界ではトップクラス。それでも、真正面から次々に対戦力士を粉砕している今場所ほどの強さは、以前にはなかった。ほとんどの力士は「ここまで強かったとは……」と目をみはっているはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る