11場所中9場所休場…それでも稀勢の里の収入は「1億円」

公開日: 更新日:

 初日から4連敗し、5日目から休場となった横綱稀勢の里(32)。横綱昇進後は11場所中、途中休場を含めれば9回も休んでいる。最後まで完走できたのは先場所と昨年3月場所だけだ。

 しかし、それでも給料やもろもろの手当などは支払われる。稀勢の里の昇進後の通算成績は、今場所を最後まで休むと仮定すれば通算36勝32敗97休。この数字で、いくら稼いだのか。

 横綱の月給は282万円。昨年3月から今月までの21カ月で計算すると、5922万円。何ともうらやましい“不労所得”だ。

 場所ごとの力士褒賞金は稀勢の里の場合、1場所123万8000円。これはあくまで本場所の出場給のようなもので、出場した日数に応じて支払われる。数字も成績をもとに加算されるため、横綱昇進後から計算すれば約500万円といったところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!