御嶽海の大関とりは一から出直し…稽古不足で“押し”忘れる

公開日: 更新日:

 これでは大相撲の看板は張れない。

 直近の2場所で22勝している関脇・御嶽海(25)。今場所11勝以上なら大関昇進のチャンスはあったが、20日の正代戦であえなく消滅した。

 御嶽海は右を差そうとするも、正代の左おっつけに阻まれ、苦戦。辛抱しきれずに引いてしまい、電車道で一気に押し出された。これで5敗となり、大関とりは一から出直しだ。

 御嶽海は本来、押し相撲の力士だが、天性のセンスもあって四つでも弱くはない。しかし、それがアダになっている。

「前日の竜電戦でも、左おっつけで右差しを封じられて負けた。そもそも、押し相撲なのになぜ右差しなのか。流れの中で差すならともかく、御嶽海は自分から積極的に差しにいっている。自他ともに認める稽古不足なので、何場所も続けて好調を維持できない。だから、安易な手で勝とうとしているのでしょう」(ある親方)

 かつては「押し相撲を極められる」と評価の高かった御嶽海。もう一度、鍛え直すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る