御嶽海の大関とりは一から出直し…稽古不足で“押し”忘れる

公開日:

 これでは大相撲の看板は張れない。

 直近の2場所で22勝している関脇・御嶽海(25)。今場所11勝以上なら大関昇進のチャンスはあったが、20日の正代戦であえなく消滅した。

 御嶽海は右を差そうとするも、正代の左おっつけに阻まれ、苦戦。辛抱しきれずに引いてしまい、電車道で一気に押し出された。これで5敗となり、大関とりは一から出直しだ。

 御嶽海は本来、押し相撲の力士だが、天性のセンスもあって四つでも弱くはない。しかし、それがアダになっている。

「前日の竜電戦でも、左おっつけで右差しを封じられて負けた。そもそも、押し相撲なのになぜ右差しなのか。流れの中で差すならともかく、御嶽海は自分から積極的に差しにいっている。自他ともに認める稽古不足なので、何場所も続けて好調を維持できない。だから、安易な手で勝とうとしているのでしょう」(ある親方)

 かつては「押し相撲を極められる」と評価の高かった御嶽海。もう一度、鍛え直すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る