優勝争い筆頭に…貴景勝の成長を促した「貴乃花部屋消滅」

公開日: 更新日:

 力自慢の大関を吹っ飛ばした。

 19日、結びの一番で貴景勝(22)が栃ノ心(31)に勝利。立ち合いから強烈な当たりで大関の体勢を崩すと、間髪入れずにトドメの押しで栃ノ心に尻もちをつかせ、唯一の1敗をキープした。

 インタビューでは「相撲内容? また明日から相撲があるので、明日に向かって準備します」と、相変わらず淡々。1敗を死守したことにも、「まだ6日あるので、まったく関係ないっす」と、意に介さなかった。

 以前から突き押しには定評があったが、今場所は安定感も増し、優勝争いのトップを走っている。まさに「男子三日会わざれば……」だろう。

 貴景勝にとっては、激動の2カ月だった。9月場所直後に、突然、師匠の貴乃花が退職。弟子たちがその事実を知らされたのは、退職会見の当日午前中だというのだからメチャクチャである。その後は千賀ノ浦部屋に移籍。環境の変化が貴景勝を変えたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

もっと見る