優勝争い筆頭に…貴景勝の成長を促した「貴乃花部屋消滅」

公開日: 更新日:

 力自慢の大関を吹っ飛ばした。

 19日、結びの一番で貴景勝(22)が栃ノ心(31)に勝利。立ち合いから強烈な当たりで大関の体勢を崩すと、間髪入れずにトドメの押しで栃ノ心に尻もちをつかせ、唯一の1敗をキープした。

 インタビューでは「相撲内容? また明日から相撲があるので、明日に向かって準備します」と、相変わらず淡々。1敗を死守したことにも、「まだ6日あるので、まったく関係ないっす」と、意に介さなかった。

 以前から突き押しには定評があったが、今場所は安定感も増し、優勝争いのトップを走っている。まさに「男子三日会わざれば……」だろう。

 貴景勝にとっては、激動の2カ月だった。9月場所直後に、突然、師匠の貴乃花が退職。弟子たちがその事実を知らされたのは、退職会見の当日午前中だというのだからメチャクチャである。その後は千賀ノ浦部屋に移籍。環境の変化が貴景勝を変えたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る