ヤクルト1位・清水昇は才能開花 中学野球部の異色練習

公開日:  更新日:

 多彩な才能を持つ北野武の出身地として知られる東京都足立区。ヤクルト1位・清水昇(投手・22・国学院大)はその西部に位置する江北で6歳から野球を始めた。

「きっかけは父です。高校まで投手をやっていたそうです。小学生が野球をやるにはどこかのチームに所属しなければなりません。いろいろ調べて地元のジュニア・ヤンガースに入りました。今もやっていますが、投球や打撃で気が付いたことをメモするようになったのは小学生の頃からです」

 ヤンガースにはかつてヤクルトの秋吉亮(29)が在籍。清水はこのチームで秋吉の弟とバッテリーを組んでいた。清水と秋吉の自宅は徒歩で5分ほどの所にある。

 秋吉兄は地元の区立中学へと進んだが、清水は私立の駿台学園中学校(北区王子)へ。ここで大きな転機が訪れる。野球部の西村晴樹監督がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る