中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

公開日: 更新日:

「文武両道」を体現する高校球児を輩出したのは、冬は雪深い岐阜県飛騨市。中日1位の根尾昴(内野手・18歳・大阪桐蔭)は、周囲を山々に囲まれた河合町(旧河合村)で育った。

 母の実喜子さん(51)は自宅のすぐそばにある「国民健康保険飛騨市河合診療所」に勤務する。診療所は人口1000人に満たない河合町で唯一の医療機関だ。常勤医師は実喜子さんひとりで、日々、住民の診療や往診に追われている。

 実喜子さんは兵庫県たつの市出身。地域医療に力を入れる自治医科大学で学び、同級生だった浩さん(52)と結婚した。大学の卒業生には「9年間の地域病院や診療所での勤務」が義務付けられており、9年中最後の3年間を河合診療所で過ごし、そのまま現在に至る。

 岐阜県白川村出身の浩さんもへき地医療に従事。「国民健康保険飛騨市宮川診療所」の院長を務めている。県立岐阜病院を経て、97年から現在の診療所に勤務。日刊ゲンダイが連絡した際は、インフルエンザ患者の診療で多忙を極めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る