ソフトB1位・甲斐野央がかなえた「父のもうひとつの夢」

公開日:

「甲子園だけがすべてじゃない。もうひとつの夢があるやろ。それを絶対かなえてやる!」

 大学3年の秋季大会で活躍した甲斐野央(投手・21・東洋大)は、父の有生さん(60)に力強く断言した。

 有生さんは兵庫県の社高校出身。当時は投手として甲子園出場の夢を抱いていたが、事情により途中退部してしまった。野球が嫌いでやめたわけではない。だからこそ、なおさら野球への思いが募ることになった。

 父が果たせなかった夢は、子供に受け継がれることになる。甲斐野は3人兄弟の末っ子。

 9歳年上の長男は東洋大姫路で、7歳年上の次男は西脇工業で聖地を目指した。

「3人とも、初めて野球場に連れていったのは高校野球の兵庫県大会開会式なんです。やっぱり、甲子園に出てほしかったですから」(有生さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る