ソフトB1位・甲斐野央がかなえた「父のもうひとつの夢」

公開日: 更新日:

「甲子園だけがすべてじゃない。もうひとつの夢があるやろ。それを絶対かなえてやる!」

 大学3年の秋季大会で活躍した甲斐野央(投手・21・東洋大)は、父の有生さん(60)に力強く断言した。

 有生さんは兵庫県の社高校出身。当時は投手として甲子園出場の夢を抱いていたが、事情により途中退部してしまった。野球が嫌いでやめたわけではない。だからこそ、なおさら野球への思いが募ることになった。

 父が果たせなかった夢は、子供に受け継がれることになる。甲斐野は3人兄弟の末っ子。

 9歳年上の長男は東洋大姫路で、7歳年上の次男は西脇工業で聖地を目指した。

「3人とも、初めて野球場に連れていったのは高校野球の兵庫県大会開会式なんです。やっぱり、甲子園に出てほしかったですから」(有生さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る