パドレス放出に思惑が…巨人獲得ビヤヌエバ“カネとキズ”

公開日: 更新日:

 巨人が21日、パドレスのクリスチャン・ビヤヌエバ外野手(27=右投げ右打ち)と1年契約で合意。米メディアによると、出来高を含めて総額300万ドル(約3.4億円)程度を手にする可能性があるという。

 この助っ人は今季、打率.236、20本塁打をマーク。今季年俸はメジャー最低保証の約55万ドルでFA権はもちろん、メジャーに3シーズン在籍すると得られる年俸調停権もない。パドレスとすれば、来季も安い年俸で雇えるだけでなく、多くのメディアで来季の正三塁手候補に挙げられていただけに、今回の巨人移籍は米球界でもサプライズだったようだ。

 それにしてもパドレスはなぜ、こんな選手を放出したのか。去る20日、このビヤヌエバら4人をメジャー40人枠から外した。他球団にいわゆる「ガレージセール」をした結果、巨人と阪神が争奪戦を展開。巨人が阪神を上回る条件を提示し、獲得に成功したという。在米メディア関係者がこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る