巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

公開日: 更新日:

 ネット上には、ファンの「惜しい」「もったいない」「残念」との声があふれている。今季限りでの巨人退団が決まったという、ケーシー・マギー(36)に関してである。

 今季、マギーは打率.285、21本塁打、84打点。打線の中軸を担い、4番の岡本とともに攻撃陣を牽引したが、先月の帰国時には「どんなスポーツでもチームの若返りはある」と涙ながらに引退を示唆していた。「球団の判断次第」と現役続行に含みを持たせてもいたから、今回の退団は巨人主導によるものだろう。

<安定感あるプレーは球団側も高く評価していたが、年齢面などを含めて総合的に判断し、来季の契約を見送ったと見られる>とは、スポーツ報知の“解説”である。

 要するに、36歳という年齢が契約延長のネックになったわけだ。だからといって日本ハムのように、あえてポジションを空け、若手の台頭を促すという方法を巨人が取るとは思えない。チーム周辺では、マギーの後釜に日本ハムとの契約が切れたレアード(31)の獲得がウワサされ、新助っ人の調査も進めている。

 マギーは「どの組織でも世代交代はある」と話していたが、巨人はFAの他にも、前オリックスの中島(36)、前マリナーズの岩隈(37)の獲得に動いている。岩隈は来年4月に38歳。世代交代の必要性を感じて涙した優良助っ人の思いは報われなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る