巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

公開日:

 ネット上には、ファンの「惜しい」「もったいない」「残念」との声があふれている。今季限りでの巨人退団が決まったという、ケーシー・マギー(36)に関してである。

 今季、マギーは打率.285、21本塁打、84打点。打線の中軸を担い、4番の岡本とともに攻撃陣を牽引したが、先月の帰国時には「どんなスポーツでもチームの若返りはある」と涙ながらに引退を示唆していた。「球団の判断次第」と現役続行に含みを持たせてもいたから、今回の退団は巨人主導によるものだろう。

<安定感あるプレーは球団側も高く評価していたが、年齢面などを含めて総合的に判断し、来季の契約を見送ったと見られる>とは、スポーツ報知の“解説”である。

 要するに、36歳という年齢が契約延長のネックになったわけだ。だからといって日本ハムのように、あえてポジションを空け、若手の台頭を促すという方法を巨人が取るとは思えない。チーム周辺では、マギーの後釜に日本ハムとの契約が切れたレアード(31)の獲得がウワサされ、新助っ人の調査も進めている。

 マギーは「どの組織でも世代交代はある」と話していたが、巨人はFAの他にも、前オリックスの中島(36)、前マリナーズの岩隈(37)の獲得に動いている。岩隈は来年4月に38歳。世代交代の必要性を感じて涙した優良助っ人の思いは報われなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る