野口寿浩氏が今も後悔 大矢監督の休養は「ボクのせい」

公開日: 更新日:

 プロ野球のストーブリーグの話題の中心になるFA。申請期間は日本シリーズ終了の翌日から1週間(土・日・祝日を除く)。当事者にとっては人生を左右する「7日間」だ。過去の経験者に当時の苦悩、葛藤、舞台裏を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 当時、控え捕手で、しかも37歳だった野口寿浩氏(47)が阪神からFA宣言したのは08年オフ。すぐに横浜(現DeNA)への移籍が決まった。

「阪神からも残留要請はありました。でも、当時は長男がまだ2、3歳でしたし、野球人生の最後は家族のいる自宅から通いたかった。阪神に何の不満もなかった。FA宣言したら横浜さんが声をかけてくれたので、話はすぐにまとまりました。迷いはありませんでした」

 阪神時代の年俸は6500万円(推定)だったが、移籍に関して条件面の希望はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る