川崎憲次郎氏が振り返る Rソックスオーナーから直筆の手紙

公開日: 更新日:

 プロ野球のストーブリーグの話題の中心になるFA。今オフは広島の丸佳浩(29)、西武の浅村栄斗(28)、炭谷銀仁朗(31)、オリックスの西勇輝(28)の4人が権利を行使した。FAの申請期間は日本シリーズ終了の翌日から1週間(土・日・祝日を除く)。当事者にとっては人生を左右する「7日間」だ。過去の経験者に当時の苦悩、葛藤、舞台裏を聞いた。

  ◇  ◇  ◇  ◇

 2000年オフ、ヤクルトからFA宣言した川崎憲次郎氏(47)が振り返る。

「まず最初に声をかけてくれたのが中日でした。その後にボストン(レッドソックス)とヤクルトから話があり、中日とボストンからは最初の交渉段階で基本給や出来高など細かい条件を提示されました。特にボストンには出来高に加え、ホテル代や航空券代など、かなり細かい条件まで用意された。交渉は代理人を通じて3~4回。球団オーナーから直筆の手紙までもらった。年俸も破格の金額でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る