川崎憲次郎氏が振り返る Rソックスオーナーから直筆の手紙

公開日:

 プロ野球のストーブリーグの話題の中心になるFA。今オフは広島の丸佳浩(29)、西武の浅村栄斗(28)、炭谷銀仁朗(31)、オリックスの西勇輝(28)の4人が権利を行使した。FAの申請期間は日本シリーズ終了の翌日から1週間(土・日・祝日を除く)。当事者にとっては人生を左右する「7日間」だ。過去の経験者に当時の苦悩、葛藤、舞台裏を聞いた。

  ◇  ◇  ◇  ◇

 2000年オフ、ヤクルトからFA宣言した川崎憲次郎氏(47)が振り返る。

「まず最初に声をかけてくれたのが中日でした。その後にボストン(レッドソックス)とヤクルトから話があり、中日とボストンからは最初の交渉段階で基本給や出来高など細かい条件を提示されました。特にボストンには出来高に加え、ホテル代や航空券代など、かなり細かい条件まで用意された。交渉は代理人を通じて3~4回。球団オーナーから直筆の手紙までもらった。年俸も破格の金額でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る