FA丸“6年30億円&監督手形”でロッテ入りなら波風立たず

公開日: 更新日:

 広島から国内FA宣言した丸佳浩(29)が21日、獲得に動いている巨人、ロッテと近日中に交渉を行うことを明らかにした。

 今季の年俸は2億1000万円。巨人が用意する5年総額30億円とも35億円ともいわれるベラボーな条件ばかりが独り歩きする中、ロッテも6年総額30億円といわれる大型契約と将来の監督手形という破格の条件を揃え、交渉に備えている。

 ロッテ関係者はこう胸を張る。

「丸にとって居心地はいいはずです。巨人だと菅野(4.5億円)や坂本勇(3.5億円)といった生え抜きの高給取りがいるだけに、チーム内のバランスを取るのが難しい。でもロッテならその点は全く問題ありません。最高年俸はFA入団組の涌井で2億円、生え抜きの最高は角中が1億3100円。2年連続MVPが有力視される丸の年俸が4億円だろうが5億円だろうが、他の選手とは実力も実績も違い過ぎるから波風も立ちません」

 丸は「まだ直接会って話を聞いていない。しっかり聞いて一日も早く決断できたらいい」と交渉に同席する意向。争奪戦がいよいよ幕を開ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る