駒田徳広氏は横浜入団発表前日に「現状維持でいいよな?」

公開日: 更新日:

 プロ野球のストーブリーグの話題の中心になるFA。申請期間は日本シリーズ終了の翌日から1週間(土・日・祝日を除く)。当事者にとっては人生を左右する「7日間」だ。過去の経験者に当時の苦悩、葛藤、舞台裏を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 FA制度が導入されたのは1993年。その「元年」に権利を行使し、巨人から横浜(現DeNA)へ移籍した駒田徳広氏(56=高知ファイティングドッグス監督)もまた、「巨人からの慰留はありませんでした」と言う。

「当時は『FA権なんて持っていても誰も使わないだろう』という雰囲気だった。槙原(寛己)が宣言残留したとき『そんなこともできるのか』と驚いたほどです」

 駒田氏は「巨人生え抜き」で唯一、国内球団にFA移籍した選手。権利取得後、92年に勇退していた藤田元司監督から「巨人を出る覚悟があるのか。あるなら、アキのところへ行け」と言われたという。「アキ」とは近藤昭仁氏。91年まで巨人ヘッドコーチを務め、93年から横浜の監督に就任していた。駒田氏には横浜のほか、阪神、ダイエー(現ソフトバンク)、ロッテ、西武などが関心を示していたが、「横浜と天秤にかける気持ちはなかった」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る