歴代指導者も太鼓判 西武ドラ1松本航は“生粋の優等生”

公開日: 更新日:

 松本航(西武1位・投手・21・日体大)は兵庫県の実家に帰省すると、2人の“恩人”への報告をかかさない。

 ひとりは少年野球時代の指導者だ。父の昭浩さん(50)が言う。

「航は小学校2年から、地元の梁瀬少年野球クラブで野球をはじめた。試合に出られるようになった5年生くらいのときは遊撃だったんですが、コーチに投手転向を勧められたんです。そのコーチに投手としての基礎を教えてもらったので、今の航があるのもその方のおかげでもある。だから、帰省すると真っ先に『帰ってきました!』と、直接、挨拶をしに行っているんです」

 もうひとり、松本は感謝と報告のために、ある場所に足を運ぶ。それは実家の仏壇。2年前に亡くなった祖父だ。

「私の父親は孫である航の活躍を非常に楽しみにしていたんです。航の名前が出た新聞記事は必ず切り抜いていました。その父が亡くなったのは秋季リーグの真っ最中で、航は葬式に出られなかった。そうしたこともあって、今は帰省すると必ず仏壇に手を合わせています。リーグ戦で賞を取ったときも、賞状を仏壇に供えていました」(昭浩さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る