歴代指導者も太鼓判 西武ドラ1松本航は“生粋の優等生”

公開日:

 松本航(西武1位・投手・21・日体大)は兵庫県の実家に帰省すると、2人の“恩人”への報告をかかさない。

 ひとりは少年野球時代の指導者だ。父の昭浩さん(50)が言う。

「航は小学校2年から、地元の梁瀬少年野球クラブで野球をはじめた。試合に出られるようになった5年生くらいのときは遊撃だったんですが、コーチに投手転向を勧められたんです。そのコーチに投手としての基礎を教えてもらったので、今の航があるのもその方のおかげでもある。だから、帰省すると真っ先に『帰ってきました!』と、直接、挨拶をしに行っているんです」

 もうひとり、松本は感謝と報告のために、ある場所に足を運ぶ。それは実家の仏壇。2年前に亡くなった祖父だ。

「私の父親は孫である航の活躍を非常に楽しみにしていたんです。航の名前が出た新聞記事は必ず切り抜いていました。その父が亡くなったのは秋季リーグの真っ最中で、航は葬式に出られなかった。そうしたこともあって、今は帰省すると必ず仏壇に手を合わせています。リーグ戦で賞を取ったときも、賞状を仏壇に供えていました」(昭浩さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る