オリ1位・太田椋 父から受け継いだ選球眼と一流選手の長所

公開日:

 オリックスの打撃投手を務める父親の暁さん(47)は、30年近く経ったいまでも近鉄時代のプロ初打席を鮮明に記憶している。

 91年5月4日。ビジターの西武戦の九回表、中根仁の代打で打席へ。抑えエースの潮崎から四球を選んだ。

「緊張し過ぎたせいなのかどうか、ボールがすごくよく見えたことを覚えています。シンカーもよく見えた。最後はインコース低めのストレートでした」(暁さん)

 京都府出身。帝京五(愛媛)から88年のドラフト6位で近鉄に入団。高校時代は投手で、投げないときは一塁や外野を守ったが、プロ入りと同時に内野手に転向することになった。

 8年間の現役生活で一軍出場は計3試合。そのうちの1試合だから覚えていて当然かもしれないが、中でも四球で出塁した打席が強烈な印象として残っているのは理由がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る