オリ1位・太田椋 父から受け継いだ選球眼と一流選手の長所

公開日: 更新日:

 オリックスの打撃投手を務める父親の暁さん(47)は、30年近く経ったいまでも近鉄時代のプロ初打席を鮮明に記憶している。

 91年5月4日。ビジターの西武戦の九回表、中根仁の代打で打席へ。抑えエースの潮崎から四球を選んだ。

「緊張し過ぎたせいなのかどうか、ボールがすごくよく見えたことを覚えています。シンカーもよく見えた。最後はインコース低めのストレートでした」(暁さん)

 京都府出身。帝京五(愛媛)から88年のドラフト6位で近鉄に入団。高校時代は投手で、投げないときは一塁や外野を守ったが、プロ入りと同時に内野手に転向することになった。

 8年間の現役生活で一軍出場は計3試合。そのうちの1試合だから覚えていて当然かもしれないが、中でも四球で出塁した打席が強烈な印象として残っているのは理由がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る