メジャー金満球団の緊縮財政で…菊池雄星の評価が急落危機

公開日:

 菊池雄星(27)のメジャー移籍に影響しそうだ。

 オフの補強で主役を務めることが多い東西の金満球団が、今年は金庫の扉を開かないからだ。「東西の球団」とは、ア・リーグ東地区のヤンキース、ナ・リーグ西地区のドジャースのこと。メジャーでも屈指の資金力を誇る両球団は、年俸総額を抑制するため、今オフの大型補強を控えるというのだ。

 8日付のCBSスポーツ(電子版)によれば、今季の年俸総額はドジャースが1億9450万ドル(約221億7000万円)、ヤンキースが1億9210万ドル(約218億6400万円)。これまでぜいたく税支払い対象の常連だった両チームとも昨オフ、人件費削減に励み、課税を免れた。それでもドジャースは6年連続地区優勝、2年連続ワールドシリーズ進出、ヤンキースは2年連続ポストシーズンに駒を進めた。いずれの経営陣も現有戦力で十分にポストシーズン進出は可能と判断しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る