2対2のトレード成立 日ハムとヤクルト得するのはどっち?

公開日:

 11日、日本ハムとヤクルトで2対2のトレードが成立したことが発表された。

 日ハムは16年に10勝2敗1ホールド、防御率2.38で新人王を獲得した高梨裕稔(27)と高卒4年目の若手内野手・太田賢吾(21)を放出し、ヤクルトから中継ぎ、抑えとして5年間で283試合に登板し、17年WBCに出場した秋吉亮(29)と、6年目で遊撃をメインに内野の複数ポジションをこなす谷内亮太(27)を獲得する。

 中継ぎと二遊間が守れる内野手が欲しかった日ハムと、先発と若手内野手を求めたヤクルトとの間で思惑が一致した。

 日ハムは、オリックスを自由契約になった金子弌大を獲得。先発型の助っ人投手の調査を継続しつつ、ブルペン強化も模索。ヤクルトは小川、ブキャナンに続く先発陣が手薄だった。太田と谷内に関しては、日ハムは遊撃レギュラーである中島を除けば、二塁と遊撃の両方を守れる野手は、大卒2年目の石井一と高卒1年目の難波くらい。ここに谷内が割って入れると踏んだようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る