3度目トリプルスリー ヤクルト山田を変えた7000万円大減俸

公開日:

 9日のレギュラーシーズン最終戦で、ヤクルトの山田哲人(26)が自身3度目となる「トリプルスリー」(打率.315、34本塁打、33盗塁)を確定させた。

「自分のスイングだったり相手の配球を考え、自分がどうするべきかを心がけてきた」

 そう振り返った山田が初めてトリプルスリーを達成したのは2015年。翌16年にはプロ野球史上初となる2年連続のトリプルスリーを記録し、今回、自身の持つ記録をさらに更新した。

 しかし、昨季はWBCへの出場が影響して大スランプ。山田が「続けることの難しさを学んだ」と話したように、全試合フルイニング出場を果たしたものの、打率は.247に沈み、チームが最下位に低迷する一因にもなった。そんな山田を復活させたのが地獄の秋季キャンプだった。

 山田は最多安打のタイトルを獲得した14年オフから3年間、侍ジャパン日本代表メンバーへの選出もあって秋季キャンプの参加を免除されていた。しかし、昨季の成績不振でチームは大幅な内閣改造を敢行。宮本ヘッドコーチが就任し、秋季キャンプ免除の権利を“剥奪”された。山田を教える杉村繁巡回コーチが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る