田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

5部からJFLに挑戦 元J監督が指揮する松江FCの健闘を祈る

公開日:

 鹿島が参戦するクラブW杯の開幕を待ちわびながら、今コラムは「頂点のJ1から数えて5部に相当する<地域リーグ>がテーマ」である。

 北海道、東北……九州まで全国9地域の「地域リーグ」を勝ち上がったチームは、4部に相当するJFL(日本フットボールリーグ)参入をかけて「地域CL決勝ラウンド」を戦う。過酷な日程の中、来季は中国リーグの松江シティFC(島根)、東海リーグの鈴鹿アンリミテッドFC(三重)が、全国リーグであるJFLに挑戦することになったが、そこで松江FCの田中孝司監督(63)について――。

 埼玉・浦和市立―明治―日本鋼管で守備的なMFとしてプレーした田中監督は、日本代表のチームメートでもあった。

 奥さんが東北出身ということもあり、宮城県出身で元日本代表主将のDF加藤久さん夫妻を交えて温泉旅行に出掛けたり、ピッチ内外で仲良くさせていただいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る