田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

弱さに呆れた…“カネの取れない”キルギスを呼んだ罪は重い

公開日:

 森保ジャパンが2018年を4勝1分けで乗り切り、来年1月5日に開幕するアジアカップ(UAE)に弾みをつけた格好だ。しかし――。

 20日に愛知・豊田市で行われたキルギス戦をテレビ観戦したが、最後には呆れ果ててしまった。こんな弱い代表チームを見たのは、一体いつ以来だろう。記憶をたどってもピンとこない。

 欧州でネーションズリーグが始まり、国際Aマッチデーに欧州各国代表を招くのが難しくなったことは承知している。

 だからといって、キルギスの低レベルさを看過することはできない。

 かつてジーコ日本代表が埼玉・浦和東高サッカー部と、オシム日本代表が流通経済大と練習試合を行ったことがある。もしかしたら、この日のキルギスよりも骨のある相手だったかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る