数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

公開日:  更新日:

「ファンと一体になって、甲子園を熱くできたら」

 14日に行われた阪神・西勇輝(28)の入団会見。オリックスからFA宣言した右腕は目立ちたがり屋の性格だそうで、ファンの熱い応援に後押しされることを望んでいる。

 阪神ファンは世界一熱狂的ともいわれる。活躍すれば「神様扱い」される一方、不振が続いたら「どのツラ下げて出てくんねん! 帰れ!」などとヤジが飛び、客席からメガホンやペットボトルなどを投げつけられることもある。

 ロッテからのトレードで阪神でプレーした投手の久保康友はDeNAへFA移籍した直後に、阪神の熱狂的なファンやマスコミについて、こんなことを話していた。

「だからといって、結果を残せないのは言い訳になる。ヤジや文句があるというのは最初からわかっている。それでキツイと言っていたらずっとキツイ。文句じゃなく、自分が伸びるためのアドバイスと思っていればいいんです。阪神でヤジられずに応援される選手は、レギュラーとしてまだまだ認められていないということ。ヤジられる選手は数字を残して当たり前とファンが思っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る