鳥谷も金子もサッパリ…プロ野球に“複数年契約”必要なのか

公開日: 更新日:

 プロ野球は夢のある商売といわれている。活躍すれば20代の若さでも億のカネを稼げる。高級外車を乗り回したり、大豪邸に住むこともできる。

 一方で、成績が悪ければ給料はガクッと下げられる。数字が全ての世界なら当たり前だが、球団と選手が交わす契約のひとつに複数年契約というものがある。

 今年引退した巨人の杉内は2011年のオフ、ソフトバンクでFA権を行使し、4年総額20億円で移籍。契約最終年は6勝に終わり、10月に股関節の手術を受けると、野球協約が定める減額制限(年俸1億円以上40%)を大幅に超える4億5000万円減の5000万円の単年契約でサイン。史上最大の減額幅が話題になった。

 阪神の鳥谷も15年から5年20億円の大型かつ長期契約を結んだが、これまで打率3割も50打点以上も皆無。今季はスタメン落ちもあり、121試合、打率.232、1本塁打、22打点とサッパリ。それでも来季は4億円の年俸が保証されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る