鳥谷も金子もサッパリ…プロ野球に“複数年契約”必要なのか

公開日:

 プロ野球は夢のある商売といわれている。活躍すれば20代の若さでも億のカネを稼げる。高級外車を乗り回したり、大豪邸に住むこともできる。

 一方で、成績が悪ければ給料はガクッと下げられる。数字が全ての世界なら当たり前だが、球団と選手が交わす契約のひとつに複数年契約というものがある。

 今年引退した巨人の杉内は2011年のオフ、ソフトバンクでFA権を行使し、4年総額20億円で移籍。契約最終年は6勝に終わり、10月に股関節の手術を受けると、野球協約が定める減額制限(年俸1億円以上40%)を大幅に超える4億5000万円減の5000万円の単年契約でサイン。史上最大の減額幅が話題になった。

 阪神の鳥谷も15年から5年20億円の大型かつ長期契約を結んだが、これまで打率3割も50打点以上も皆無。今季はスタメン落ちもあり、121試合、打率.232、1本塁打、22打点とサッパリ。それでも来季は4億円の年俸が保証されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る