鳥谷も金子もサッパリ…プロ野球に“複数年契約”必要なのか

公開日: 更新日:

 プロ野球は夢のある商売といわれている。活躍すれば20代の若さでも億のカネを稼げる。高級外車を乗り回したり、大豪邸に住むこともできる。

 一方で、成績が悪ければ給料はガクッと下げられる。数字が全ての世界なら当たり前だが、球団と選手が交わす契約のひとつに複数年契約というものがある。

 今年引退した巨人の杉内は2011年のオフ、ソフトバンクでFA権を行使し、4年総額20億円で移籍。契約最終年は6勝に終わり、10月に股関節の手術を受けると、野球協約が定める減額制限(年俸1億円以上40%)を大幅に超える4億5000万円減の5000万円の単年契約でサイン。史上最大の減額幅が話題になった。

 阪神の鳥谷も15年から5年20億円の大型かつ長期契約を結んだが、これまで打率3割も50打点以上も皆無。今季はスタメン落ちもあり、121試合、打率.232、1本塁打、22打点とサッパリ。それでも来季は4億円の年俸が保証されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る