稀勢の里やっと稽古再開…進退かかる初場所に間に合うのか

公開日:

 角界にとっては小さな一歩だが、オレにとっては偉大な一歩――本人はそう思い込んでいるかもしれない。

 26日、横綱稀勢の里(32)が久々に相撲を取った。師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)によれば、非公開で三段目力士相手に20番取ったという。

「いい稽古だった。明日あたりは(大関の)高安とやれたら」

 とは本人の弁。マスコミ各社も横綱の動向を報じたものの、力士が相撲を取るのは当たり前。それがさも重大ニュースのように取り上げられるのだから、情けない限りである。

 この和製横綱は史上最長の8場所連続休場という不名誉記録を作ったばかりか、11月場所は初日から4連敗し、途中休場。ようやく今月3日から稽古再開と思いきや、すり足や四股などの基礎運動のみ。1月場所まで20日を切って、ようやく重い腰を上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る