冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

公開日:

 今日も基礎稽古、明日も基礎稽古。本当に1月場所に間に合わせる気があるのか。

 11月場所が終わってしばらく経つというのに、いまだに相撲を取っていないのが横綱稀勢の里(32)だ。

 昨年5月場所から今年7月場所まで、歴代最長の8場所連続休場。9月場所こそ皆勤して10勝5敗と数字を整えたものの、11月場所は初日から4連敗でまたしても休場だ。

 もはや横綱としての威信はガタ落ち。ファンからはとっくに見放され、横綱審議委員会も稀勢の里に対する「激励」を決議した。横審が1950年に設立されて以来、不祥事以外で彼らが横綱に何かを決議するというのは初めてのことだ。

 北村委員長は「長きにわたって地位にふさわしい力を示せず、ファンを失望させた」と話し、仮に初場所を休場しようものなら、「考えないといけないかもしれない」と、引退勧告なども示唆した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る