貴景勝とV争い 大関高安は稀勢の里の“引退危機”が発奮材料

公開日:

 鬼の形相で3敗力士を退けた。

 大関高安(28)が結びの一番で大栄翔と対戦。勝ち急ぐあまり、2度のはたきがあったものの、最後は力強い突き押しで大栄翔を吹っ飛ばした。これで高安は2敗をキープ。4敗目の大栄翔は優勝戦線から脱落した。

 高安にしてみれば、いやが上にも発奮せざるを得ない事情がある。それが兄弟子の横綱稀勢の里(32)の凋落だ。

 今場所は初日から4連敗を喫し、5日目から休場。8場所連続休場から復帰1場所を経て、この体たらくでは、もう後がない。来年1月場所が“墓標”となりうる可能性も十分にある。

 高安はそんな兄弟子を慕い、稀勢の里も弟弟子を、ことのほか可愛がっていた。稀勢の里が横綱に昇進したのは昨年の1月場所後。当時、「高安を大関に引き上げることも使命」と話していた。その言葉通り、高安はその年の1、3、5月場所で34勝し、大関に昇進した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る