丸佳浩は巨人入りで要警戒 他球団の“死球禍”に襲われる

公開日:

 なにしろ、2年連続のセMVPである。

 広島から巨人にFA移籍した丸佳浩(29)については、「喝っ!」が売り物の辛口評論家も「いい選手を取った」と太鼓判を押す。2018年シーズンは打率.306、39本塁打、97打点。巨人OBの完全試合投手、高橋善正氏も「技術的にも体力的にも、下り坂に差しかかって巨人入りした過去の大物FA選手とは違う。大きな戦力になる」と評価するのだが、巨人チーム関係者には不安がないわけではない。

「さっそく、古巣広島の佐々岡コーチが『インを厳しく攻めていく』と徹底した内角攻めを予告していますが、これが単なるブラフだと聞き流せないのは、これまでの巨人のFA選手がみな、死球禍の洗礼を浴びているからです。(11年オフに巨人入りした)村田修一は1年目にリーグトップの15個もの死球を受けて苦しみましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る