左腕と相性抜群 雄星の女房役ナルバエスは頭脳派の成長株

公開日: 更新日:

 今オフ、チーム再建のため若返りを図っただけに、菊池の女房役は実績のない捕手が務める見込みだ。

 昨年12月にホワイトソックスからトレードで獲得したナルバエス(ベネズエラ)。昨季はドーピング違反で出場停止処分を科された正捕手カスティーヨに代わってマスクをかぶる機会が増え、自己最多の97試合に出場。キャリアハイの9本塁打、30打点をマークした。2016年のメジャーデビュー以来、3年連続で出塁率3割5分以上を記録しており、古巣では攻撃型の捕手として期待されていた。

 昨季はリーグワーストの捕逸(12個)を記録したものの、「捕手として年々、成長を見せている」と、ディポトGMは今後の伸びしろを期待して獲得したという。

「ホワイトソックスでは正捕手のトラブルで出場機会を手にしましたが、研究熱心な姿勢と頭を使ったリードは主力投手から好評を得ていた。ズニーノ(現レイズ)、スクレ(レイズからFA)ら、ここ数年のマリナーズは打撃が良くてもリードに難があるなど、捕手に恵まれなかった。守備力を向上する必要があるとはいえ、ナルバエスは少なくともリード面では菊池をもり立てるはずです」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る