盤石のイランが中国撃破 森保Jアジア杯準決勝は苦戦必至

公開日: 更新日:

 アジアカップ準々決勝のイラン(FIFAランキング29位)―中国(同76位)戦(日本時間25日午前1時キックオフ)は「勝者が28日の準決勝で森保ジャパンと対戦」するので注目を集めた。

 高いボール支配率で試合を優位に進めるイランは前半18分、自陣からのロングボールに反応した身長186センチFWアズムンが、自慢の快足を飛ばしてボールを奪うと中国ゴール前に折り返し、それを左MFタレミが右足ダイレクトで決めた。

 31分には、自陣右サイドからのロングボールを右MFジャハンバフシュが空中戦で競り勝ち、コボレ球を相手DFよりも早く収めたFWアズムンが、GKをかわして無人のゴールに流し込んだ。

 試合終了間際には、交代出場のFWアンサリファルドがダメ押しゴール。FIFAランキング通りの順当な結果と言えばそれまでだが、イランの盤石の強さが目立ち、パッとしない試合ばかりの森保ジャパンが、苦戦を強いられるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る