アジア杯初戦は薄氷勝利 森保J「ポスト長谷部」不在露呈

公開日:

 UAEで開催中のアジアカップで日本代表は昨9日、1次リーグF組初戦となるトルクメニスタン戦の前半で先制点を奪われたが、後半の3得点で何とか逆転勝ちを収めた。苦心惨憺の末の勝ち点3ゲットだった。

 日本のFIFA世界ランクは50位。トルクメニスタンはアジアカップ参加24カ国中で最下位の127位。戦前の予想は日本圧勝だった。

 実際、試合の大半はトルクメニスタン陣地で展開されたが、堅守速攻に日本ベンチは何度も肝を冷やし、後半34分には1点差に詰め寄られる失点を食らう始末。およそ優勝候補とは思えない内容だった。

 現地で取材中の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

「トルクメニスタンはスタメン11人中、7人が国内リーグの強豪クラブに所属。コンビプレーはスムーズだった。<前線の3人が攻撃を担当、残りの8人が守備を担当>と明確な分業制に日本は戸惑い、そして、てこずってしまった。いずれにしても格下相手にスカッと勝てないようでは2戦目のオマーン、3戦目のウズベキスタンと総合力が確実に上がっていく分、先が思いやられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る