棚上げされたG坂本の後継者問題 若手の猶予はたったの2年

公開日: 更新日:

 巨人・坂本勇人(30)が15日、沖縄県那覇市内で自主トレを公開した。主将として5年目を迎え、「キャリアハイを目指したい。絶対に優勝すると毎年言っている」と5年ぶりのリーグ優勝奪回を誓った。

 巨人は昨秋のドラフト1位で大阪桐蔭の根尾(中日)を指名した。全権を持つ原辰徳監督(60)の意向で、長谷川スカウト部長は「坂本がサードに回る時間が早ければ早いほどチームとしては戦力強化になる」と説明していた。

 高校生ながら即戦力に近い遊撃手として、坂本の後釜候補としての指名だったが、抽選で外した。2位で高校生遊撃手の増田(明秀学園日立)を指名したものの、根尾より育成期間が必要との評価。30歳になった坂本の後継者問題は、先送りされたままとなっている。さるチーム関係者がこう言った。

「次世代の遊撃手育成は、3年契約で復帰した原監督の最重要課題でもある。坂本は正遊撃手を11年間務めてきたが、昨年7月、左脇腹の肉離れで1カ月の故障離脱。この間、特に打線の弱体化が顕著になり、改めて坂本依存がクローズアップされた。原監督は30代になった坂本の故障を心配している。だから肉体への負担を減らせるよう、なるべく早く三塁へコンバートしたい。打撃面で長く中軸を張ってもらいたいからです。でも遊撃手は簡単には育たない。高校生ルーキーに1、2年で出てこいなんて酷なポジションですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  4. 4

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  8. 8

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  9. 9

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  10. 10

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る