世界ジャンプ金濃厚も…小林陵侑の敵は地元贔屓の嫌がらせ

公開日: 更新日:

 ライバルたちは一様に驚いている。

 前日、今季W杯個人(通算)10勝目を挙げた小林陵侑(22)。シーズン10勝は日本人初で史上9人目。ちなみに、シーズン最多勝はプレブツ(26・スロベニア)の15勝(15~16年)だ。現地3日の第19戦は9位に終わったが、W杯個人戦は残り9試合。記録更新はまだ狙える。

 それにしても昨季までとは別人だ。W杯デビューは16年も、表彰台はゼロだった。今季は開幕戦で3位に入ると、ジャンプ週間で優勝。4連勝の完全Vは史上3人目の快挙だった。ここまで19戦して10勝の快進撃。国際スキージャーナリストの岩瀬孝文氏がいう。

「技術面ではアプローチ(助走)が変わりました。昨年、所属先の葛西(紀明)監督がノルウェーのヨハンソンやタンデ(ともに182センチ)のフォームを徹底分析した。長身の彼らはアプローチで腰をしっかり落とし、低い姿勢で滑っている。小林は174センチですが、低い姿勢をアレンジし、ブーツの底も5ミリ薄くしたことで助走速度がアップ。それがアプローチの安定につながった。昨年から所属の土屋ホームがメンタルセラピストと契約したことも大きい。精神面が安定したことで、どの国のジャンプ台でもサッツ(踏切り)の合わせが完璧に近い形になり、飛距離が伸びた。12戦目に勝ってから不調だったのは、疲労と古いブーツが軟らかくなり空中でスキーのバタつきがあったからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る