世界ジャンプ金濃厚も…小林陵侑の敵は地元贔屓の嫌がらせ

公開日: 更新日:

 ライバルたちは一様に驚いている。

 前日、今季W杯個人(通算)10勝目を挙げた小林陵侑(22)。シーズン10勝は日本人初で史上9人目。ちなみに、シーズン最多勝はプレブツ(26・スロベニア)の15勝(15~16年)だ。現地3日の第19戦は9位に終わったが、W杯個人戦は残り9試合。記録更新はまだ狙える。

 それにしても昨季までとは別人だ。W杯デビューは16年も、表彰台はゼロだった。今季は開幕戦で3位に入ると、ジャンプ週間で優勝。4連勝の完全Vは史上3人目の快挙だった。ここまで19戦して10勝の快進撃。国際スキージャーナリストの岩瀬孝文氏がいう。

「技術面ではアプローチ(助走)が変わりました。昨年、所属先の葛西(紀明)監督がノルウェーのヨハンソンやタンデ(ともに182センチ)のフォームを徹底分析した。長身の彼らはアプローチで腰をしっかり落とし、低い姿勢で滑っている。小林は174センチですが、低い姿勢をアレンジし、ブーツの底も5ミリ薄くしたことで助走速度がアップ。それがアプローチの安定につながった。昨年から所属の土屋ホームがメンタルセラピストと契約したことも大きい。精神面が安定したことで、どの国のジャンプ台でもサッツ(踏切り)の合わせが完璧に近い形になり、飛距離が伸びた。12戦目に勝ってから不調だったのは、疲労と古いブーツが軟らかくなり空中でスキーのバタつきがあったからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る