ジャンプ週間完全V 小林陵侑を覚醒させたエリート育成とは

公開日:

 日本人初の快挙だ。

 6日、ノルディックスキーの小林陵侑(22)がジャンプ週間最終戦(オーストリア)を制し、4戦4勝の完全優勝を果たした。世界でも史上3人目という偉業。1998年長野五輪金メダリストの船木和喜(43)は「スケジュールがタイトで五輪より難しい」と絶賛した。

 覚醒のきっかけは12年前。2007年4月、岩手県が県内からの五輪メダリスト輩出を目的としたトップアスリート育成事業「いわてスーパーキッズ」を発足した。小林は1期生。小学5年のときに合格した。

 対象は小5~中3。まず学校の体力測定があって、基準値をクリアした者が1次試験へ進める。そこでは20メートル走、垂直跳び、立ち幅跳びなど基礎体力を測定。突破者は2次試験で20メートルシャトルラン、ジグザグ走など難易度を上げたメニューでタイムを競う。さらに担当者が本人と保護者に3者面談をした上で合格者を決定。小林の代は1100人以上の応募があり、合格者は小学5年40人、6年40人の計80人。約14倍の狭き門だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る