葛西監督ダメ出し ジャンプ小林陵侑“2戦失速”で見えた課題

公開日: 更新日:

 今季、男子ジャンプで快進撃を見せる小林陵侑(22)が遠征先の欧州から凱旋。出国時の記者はほんの数人だったから、この日の会見では報道陣の多さにびっくりしていた。

 今季W杯は14戦9勝。伝統のジャンプ週間では4連勝と圧倒的な強さを見せた若手のホープは「メンタル面に加え、レベルは数段上がった。失敗が少なくなった」と好調の秘訣を口にした。

 今季前半戦を終えて、W杯ランキングでは1128ポイントで単独トップ。個人総合優勝争いでは2位カミル・ストッフ(31=ポーランド)に504ポイントの大差をつけている。ジャンプ週間の4連勝で一時は独走態勢に入りかけたが、その後は2戦連続で7位と表彰台を逃した。

 同じ便で帰国した所属先の土屋ホーム監督の葛西紀明(46)は、ここ2戦での小林の不調は疲労が原因と指摘。疲れからバランスを崩したそうで「この時期に疲れが出るのは夏場の練習が足りない証拠」と手厳しい。

「僕は毎朝走っているのに、若手は誰一人として起きてこない。まだ、分かってないみたいです。シーズンを通して活躍するためには体力が課題になる」とダメ出し。今後はヤンネ・バータイネン・ヘッドコーチ(土屋ホーム)と二人三脚でフォーム矯正させるという。26日からは札幌でW杯2連戦がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

もっと見る