世界代表落ちでも…葛西が日本ジャンプ陣に欠かせない理由

公開日: 更新日:

 ベテランの連続出場記録が途絶えた。

 28日、全日本スキー連盟は世界選手権(2月20日開幕=オーストリア)代表メンバーを発表。今季9勝を挙げている小林陵侑(22)ら5人が代表入りし、レジェンド葛西紀明(46)の12大会連続15度目の出場はならなかった。

 今季のW杯は小林らの若手が躍進する中、低迷が続き、先の札幌大会での7位が最高。葛西によれば、自身の実力不足に加えて「海外勢の層が厚くなっている。1本目でいいジャンプをしても、2本目に行けないのは珍しくなくなった」と、世界のレベルアップも一因としている。それでも、闘志は衰えるどころか「若い選手の活躍が刺激になっている」と意気盛んだ。

 合宿中は誰よりも早く練習場に顔を出して、精力的なトレーニングをこなす葛西に触発される若手は少なくない。小林以外では、佐藤幸椰(23)が、今月のW杯ザコパネ大会で初の表彰台(3位)に立った。若手が結果を残しているのは、今季開幕前に「葛西超え」を誓い、互いに切磋琢磨し合ったことが大きいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る