世界代表落ちでも…葛西が日本ジャンプ陣に欠かせない理由

公開日: 更新日:

 ベテランの連続出場記録が途絶えた。

 28日、全日本スキー連盟は世界選手権(2月20日開幕=オーストリア)代表メンバーを発表。今季9勝を挙げている小林陵侑(22)ら5人が代表入りし、レジェンド葛西紀明(46)の12大会連続15度目の出場はならなかった。

 今季のW杯は小林らの若手が躍進する中、低迷が続き、先の札幌大会での7位が最高。葛西によれば、自身の実力不足に加えて「海外勢の層が厚くなっている。1本目でいいジャンプをしても、2本目に行けないのは珍しくなくなった」と、世界のレベルアップも一因としている。それでも、闘志は衰えるどころか「若い選手の活躍が刺激になっている」と意気盛んだ。

 合宿中は誰よりも早く練習場に顔を出して、精力的なトレーニングをこなす葛西に触発される若手は少なくない。小林以外では、佐藤幸椰(23)が、今月のW杯ザコパネ大会で初の表彰台(3位)に立った。若手が結果を残しているのは、今季開幕前に「葛西超え」を誓い、互いに切磋琢磨し合ったことが大きいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る