非白鵬閥の玉鷲V…“モンゴル帝国”崩壊で角界はどうなる?

公開日: 更新日:

「最後まで、誰が優勝するか分からない楽しさがあった。今の方が純粋なスポーツとして面白いのではないか」

 こう話すのは、好角家の菅野宏三氏(ビジネス評論家)だ。

 27日、玉鷲(34)の初優勝で幕を閉じた大相撲1月場所。攻め込んでくる遠藤を突き落としで仕留め、「夢だった」という賜杯を手にした。

 しかも、同日に第2子が誕生。玉鷲は万感の思いを込め、「サイコーです!」と絶叫。あふれ出る涙を、何回も手でぬぐった。

 終盤まで2敗をキープしていたとはいえ、背後には3敗の貴景勝。最後の最後まで分からない優勝争いは、想像を絶するプレッシャーがあったに違いない。

 そんな玉鷲とは対照的に、年々影が薄くなっているのが横綱白鵬(33)だ。今場所は初日から10連勝でトップを走るも、11日目から3連敗。14日目に足の負傷を理由に休場した。もはや衰えは隠せず、全盛期の力と体力は残っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る