非白鵬閥の玉鷲V…“モンゴル帝国”崩壊で角界はどうなる?

公開日: 更新日:

「最後まで、誰が優勝するか分からない楽しさがあった。今の方が純粋なスポーツとして面白いのではないか」

 こう話すのは、好角家の菅野宏三氏(ビジネス評論家)だ。

 27日、玉鷲(34)の初優勝で幕を閉じた大相撲1月場所。攻め込んでくる遠藤を突き落としで仕留め、「夢だった」という賜杯を手にした。

 しかも、同日に第2子が誕生。玉鷲は万感の思いを込め、「サイコーです!」と絶叫。あふれ出る涙を、何回も手でぬぐった。

 終盤まで2敗をキープしていたとはいえ、背後には3敗の貴景勝。最後の最後まで分からない優勝争いは、想像を絶するプレッシャーがあったに違いない。

 そんな玉鷲とは対照的に、年々影が薄くなっているのが横綱白鵬(33)だ。今場所は初日から10連勝でトップを走るも、11日目から3連敗。14日目に足の負傷を理由に休場した。もはや衰えは隠せず、全盛期の力と体力は残っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る