ロッテが1位公言 大阪桐蔭・藤原恭大は“脱金属打ち”が課題

公開日: 更新日:

 ロッテドラフト1位指名を公言した藤原恭大(大阪桐蔭)。大学・社会人を含めてもナンバーワン外野手との呼び声が高く、ロッテ以外の球団も1位候補に挙げている。

 さるセ球団のスカウトは、「肩は強いし、足も速い。将来、チームの中心選手になれる選手です」とした上で、こう続けた。

「課題は打撃。タイミングの取り方です。フルスイングが身上も、振りだすタイミングが少し遅い。木のバットを使ったU18で打率.444と結果を残したものの、高校通算111本塁打をマークした清宮幸太郎日本ハム)でさえ、木のバットへの適応に苦労していた。芯でとらえたと思っても飛距離が伸びないのは、いわゆる『金属打ち』が体に染みついていることが大きい」

 実際、昨夏の甲子園で大会新記録の6本塁打をマークした中村奨成広島)も、プロ1年目の今季、二軍で83試合に出場し、打率.201、4本塁打にとどまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  9. 9

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  10. 10

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

もっと見る