リオで112年ぶり復活も…ゴルフが五輪競技に向かない理由

公開日: 更新日:

「時短」で済めばいい。国際陸連(IAAF)は6日、五輪や世界選手権などで行われる競歩の50キロと20キロの2種目について、30キロと10キロに短縮する案を3月の理事会に諮ると発表。承認されることはほぼ間違いなく、2021年1月から実施される。

 あらゆる競技で試合時間の短縮が進んでいる。主な理由はテレビ局の事情によるものだが、ダラダラと見せ場もなく続く長時間のライブ中継は視聴者に飽きられやすい。短時間で決着がつく方が視聴率が期待でき、国際オリンピック委員会(IOC)も、試合時間の短縮を奨励している。短時間で勝負がつく柔道でさえも、東京五輪へ向けてルールが変わり、男子の試合時間が5分から4分となった。

 陸上の競歩に話を戻せば、リオ五輪男子50キロの優勝タイムは3時間40分58秒。29位からは4時間を超えた。30キロに短縮されれば2時間~2時間30分程度になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る