リオで112年ぶり復活も…ゴルフが五輪競技に向かない理由

公開日: 更新日:

「時短」で済めばいい。国際陸連(IAAF)は6日、五輪や世界選手権などで行われる競歩の50キロと20キロの2種目について、30キロと10キロに短縮する案を3月の理事会に諮ると発表。承認されることはほぼ間違いなく、2021年1月から実施される。

 あらゆる競技で試合時間の短縮が進んでいる。主な理由はテレビ局の事情によるものだが、ダラダラと見せ場もなく続く長時間のライブ中継は視聴者に飽きられやすい。短時間で決着がつく方が視聴率が期待でき、国際オリンピック委員会(IOC)も、試合時間の短縮を奨励している。短時間で勝負がつく柔道でさえも、東京五輪へ向けてルールが変わり、男子の試合時間が5分から4分となった。

 陸上の競歩に話を戻せば、リオ五輪男子50キロの優勝タイムは3時間40分58秒。29位からは4時間を超えた。30キロに短縮されれば2時間~2時間30分程度になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  8. 7

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

もっと見る