リオで112年ぶり復活も…ゴルフが五輪競技に向かない理由

公開日: 更新日:

「時短」で済めばいい。国際陸連(IAAF)は6日、五輪や世界選手権などで行われる競歩の50キロと20キロの2種目について、30キロと10キロに短縮する案を3月の理事会に諮ると発表。承認されることはほぼ間違いなく、2021年1月から実施される。

 あらゆる競技で試合時間の短縮が進んでいる。主な理由はテレビ局の事情によるものだが、ダラダラと見せ場もなく続く長時間のライブ中継は視聴者に飽きられやすい。短時間で決着がつく方が視聴率が期待でき、国際オリンピック委員会(IOC)も、試合時間の短縮を奨励している。短時間で勝負がつく柔道でさえも、東京五輪へ向けてルールが変わり、男子の試合時間が5分から4分となった。

 陸上の競歩に話を戻せば、リオ五輪男子50キロの優勝タイムは3時間40分58秒。29位からは4時間を超えた。30キロに短縮されれば2時間~2時間30分程度になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る