勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

公開日: 更新日:

【ISPS HANDAヴィックオープン】

 米ツアー参戦5年目を迎えた横峯さくら(33)のキャップから「SRIXON」の文字が消えて真っ白になった。

 自身のブログでも「今年からクラブ契約フリーでシーズンを戦います」と明かしているが、横峯サイドからの要望でプロデビューから続いた住友ゴム工業との用具使用契約が終了したのだ。

 これまでダンロップの人気ブランド、ゼクシオの顔として活躍し、大きく振りかぶったオーバースイングから豪快に飛ばして、ドライバー売り上げに大きく貢献した。日本では賞金女王にもなり、契約金は年間1億円ともいわれた。その契約金を蹴ってまで、今年からピンのドライバーや、アイアンはテーラーメイド、キャロウェイなどさまざまなクラブを試して戦うことにしたのだ。

 日本女子ツアーでは国内メジャー2勝を含む通算23勝を挙げているが、米ツアーは未勝利。それどころかシード獲得もかつかつの状態だ。「私の夢は米ツアーで賞金女王になること」と、そのためにはクラブ契約に縛られたくないわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る