栗山監督が直接通達 日ハム公式戦“吉田vs柿木”対決の狙い

公開日: 更新日:

「昨夏決勝の再現」とスポーツマスコミが騒いでいる。

 日本ハムの高校生ルーキー、吉田輝星(金足農)と柿木蓮(大阪桐蔭)が、16日の紅白戦で先発することに関してだ。14日、栗山監督が2人のブルペン投球を見た上で、本人たちに伝えた。

 決勝で対戦した甲子園のヒーローが、プロの舞台で再び投げ合う。嫌でもファンやマスコミが注目するが、栗山監督の狙いは単なる話題づくりではないという。

「通常の高校生投手ならこの時期、体づくりに専念させるが、2人はそうじゃない。よければ、かつてのダルや大谷のように1年目から投げさせる可能性もある。それだけに早い時期から16日の紅白戦に合わせて調整するよう本人たちに伝えたし、実力を見極めようとしているのです。互いにライバル心を持っているので、相乗効果も期待できますからね。吉田ばかりが注目されてるが、柿木に対する評価もかなり高いと聞きました」(日本ハムOB)

 高校生ルーキーの2人を先発させることで他の若手投手や、対戦するであろう2年目の清宮ら若手野手にハッパをかける狙いも栗山監督にはあるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る