栗山監督が直接通達 日ハム公式戦“吉田vs柿木”対決の狙い

公開日: 更新日:

「昨夏決勝の再現」とスポーツマスコミが騒いでいる。

 日本ハムの高校生ルーキー、吉田輝星(金足農)と柿木蓮(大阪桐蔭)が、16日の紅白戦で先発することに関してだ。14日、栗山監督が2人のブルペン投球を見た上で、本人たちに伝えた。

 決勝で対戦した甲子園のヒーローが、プロの舞台で再び投げ合う。嫌でもファンやマスコミが注目するが、栗山監督の狙いは単なる話題づくりではないという。

「通常の高校生投手ならこの時期、体づくりに専念させるが、2人はそうじゃない。よければ、かつてのダルや大谷のように1年目から投げさせる可能性もある。それだけに早い時期から16日の紅白戦に合わせて調整するよう本人たちに伝えたし、実力を見極めようとしているのです。互いにライバル心を持っているので、相乗効果も期待できますからね。吉田ばかりが注目されてるが、柿木に対する評価もかなり高いと聞きました」(日本ハムOB)

 高校生ルーキーの2人を先発させることで他の若手投手や、対戦するであろう2年目の清宮ら若手野手にハッパをかける狙いも栗山監督にはあるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る