栗山監督が直接通達 日ハム公式戦“吉田vs柿木”対決の狙い

公開日: 更新日:

「昨夏決勝の再現」とスポーツマスコミが騒いでいる。

 日本ハムの高校生ルーキー、吉田輝星(金足農)と柿木蓮(大阪桐蔭)が、16日の紅白戦で先発することに関してだ。14日、栗山監督が2人のブルペン投球を見た上で、本人たちに伝えた。

 決勝で対戦した甲子園のヒーローが、プロの舞台で再び投げ合う。嫌でもファンやマスコミが注目するが、栗山監督の狙いは単なる話題づくりではないという。

「通常の高校生投手ならこの時期、体づくりに専念させるが、2人はそうじゃない。よければ、かつてのダルや大谷のように1年目から投げさせる可能性もある。それだけに早い時期から16日の紅白戦に合わせて調整するよう本人たちに伝えたし、実力を見極めようとしているのです。互いにライバル心を持っているので、相乗効果も期待できますからね。吉田ばかりが注目されてるが、柿木に対する評価もかなり高いと聞きました」(日本ハムOB)

 高校生ルーキーの2人を先発させることで他の若手投手や、対戦するであろう2年目の清宮ら若手野手にハッパをかける狙いも栗山監督にはあるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  6. 6

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る