専門家も必要と…阪神藤浪の復活にメンタルケアのススメ

公開日: 更新日:

 今すぐ専門家の門をたたくべきだ。ここ3年、サッパリの藤浪は、連日のブルペン入り。「ローテーションに入って、シーズンを通して長いイニングを投げたい」と、アピールを続けている。

 成績不振は、疲労の蓄積と身体問題との認識から、昨オフは渡米し、メジャー右腕のダルビッシュと合同自主トレを行い、このオフはJRA騎手の武豊がプロデュースするジムで体幹を鍛え、股関節や肩周辺の可動域を広げるメニューもこなしたが、大事なことを忘れていないか。

 藤浪は制球難ではあったが、右打者の内角を攻められなくなり、四死球を連発するようになったのは2017年4月のヤクルト戦以降。その試合で畠山の頭部にぶつけてからだ。本人もそれは承知しているはずなのに、メンタルの問題と向き合おうとしない。

 阪神は昨年、15年ラグビーW杯男子日本代表のメンタルコーチを務めた女子大の女性教授の講習を受けた。この話が、どれだけ藤浪の役に立ったかは分からないが、今季に復活を懸けるなら専属のメンタルコーチが必要ではないか。多くのアスリートを指導しているスポーツ心理学者の児玉光雄氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る