専門家も必要と…阪神藤浪の復活にメンタルケアのススメ

公開日: 更新日:

 今すぐ専門家の門をたたくべきだ。ここ3年、サッパリの藤浪は、連日のブルペン入り。「ローテーションに入って、シーズンを通して長いイニングを投げたい」と、アピールを続けている。

 成績不振は、疲労の蓄積と身体問題との認識から、昨オフは渡米し、メジャー右腕のダルビッシュと合同自主トレを行い、このオフはJRA騎手の武豊がプロデュースするジムで体幹を鍛え、股関節や肩周辺の可動域を広げるメニューもこなしたが、大事なことを忘れていないか。

 藤浪は制球難ではあったが、右打者の内角を攻められなくなり、四死球を連発するようになったのは2017年4月のヤクルト戦以降。その試合で畠山の頭部にぶつけてからだ。本人もそれは承知しているはずなのに、メンタルの問題と向き合おうとしない。

 阪神は昨年、15年ラグビーW杯男子日本代表のメンタルコーチを務めた女子大の女性教授の講習を受けた。この話が、どれだけ藤浪の役に立ったかは分からないが、今季に復活を懸けるなら専属のメンタルコーチが必要ではないか。多くのアスリートを指導しているスポーツ心理学者の児玉光雄氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る