日ハム輝星が右前腕に張り “自己申告”の勇気と強メンタル

公開日: 更新日:

 ドラフト1位ルーキーの吉田輝星(金足農)が22日、予定されていたシート打撃での登板をキャンセルした。右前腕部に張りがあるという。

 吉田はキャッチボールを行うなど、この日の練習には参加した。

 栗山監督は同じ高校生ルーキーの柿木蓮(大阪桐蔭)とともに、16日の紅白戦で投げるよう指示していた。本人に言わせると「高校時代のこの時期はボールに触る程度だった」そうだから、これまでにないハイペース調整が「前腕部の張り」につながったのは想像に難くない。

 ちなみに二軍キャンプはきょう23日まで。吉田は当初の予定通り、チームとともに鎌ケ谷の二軍施設に戻る。投球練習再開は26日以降になるという。

 体に異常があるのだから吉田に何より必要なのは右肘を休めること。大事に至らないうちに“休息”をとれたのはむしろ良かったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る