日ハム輝星が右前腕に張り “自己申告”の勇気と強メンタル

公開日: 更新日:

 ドラフト1位ルーキーの吉田輝星(金足農)が22日、予定されていたシート打撃での登板をキャンセルした。右前腕部に張りがあるという。

 吉田はキャッチボールを行うなど、この日の練習には参加した。

 栗山監督は同じ高校生ルーキーの柿木蓮(大阪桐蔭)とともに、16日の紅白戦で投げるよう指示していた。本人に言わせると「高校時代のこの時期はボールに触る程度だった」そうだから、これまでにないハイペース調整が「前腕部の張り」につながったのは想像に難くない。

 ちなみに二軍キャンプはきょう23日まで。吉田は当初の予定通り、チームとともに鎌ケ谷の二軍施設に戻る。投球練習再開は26日以降になるという。

 体に異常があるのだから吉田に何より必要なのは右肘を休めること。大事に至らないうちに“休息”をとれたのはむしろ良かったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

  8. 8

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る