バスケW杯“夢チーム”幻か 渡辺&八村の代表入りにNBA横やり

公開日: 更新日:

 W杯(8月=中国)出場を決めた男子バスケットボール日本代表が昨25日、凱旋帰国した。

 千葉県内で会見したフリオ・ラマス・ヘッドコーチ(HC)は「本当に苦しかったが、耐えて勝ち抜いた選手たちに感謝している」と、4連敗から8連勝したチームを称えた。

 W杯本番では、アジア地区予選突破に貢献した渡辺雄太(24=グリズリーズ)、八村塁(21=ゴンザガ大)のビッグシューター2人の代表入りに注目が集まる。

 バスケの本場米国でプレーする2人の加入で「日本版ドリームチーム」の編成も期待されるが、渡辺、八村の立場を考えると現実的ではない。

 渡辺は今季、グリズリーズでNBAデビューし、10試合の出場で、15得点、9アシスト。出場機会が限られながらも、新人としてはまずまずの成績とはいえ、下部組織のGリーグでプレーしながら1シーズン最大45日までNBAでプレーできるツーウェイ契約。大リーグでいえば、マイナーリーガーだ。現時点では、来季もNBAでプレーできる保証はなく、8月前後に行われるサマーキャンプやサマーリーグでアピールして、開幕ロースター入りを狙う必要がある。ラマスHCから招集されても、合宿や強化試合などで拘束されるため、渡辺がNBAとの正式契約を優先すれば、代表入りを拒否する可能性もあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る