21年ぶり自力W杯 男子バスケ躍進の裏にラマスHCの手腕

公開日: 更新日:

 44年ぶりの五輪出場に一歩前進である。

 バスケットボール男子のW杯アジア2次予選最終戦(ドーハ)が24日に行われ、F組の日本はカタールを96―48で下し、8勝4敗。同組2位が決まり、自国開催だった2006年以来のW杯出場を決めた。予選からの勝ち上がりに限れば、1998年ギリシャ大会以来21年ぶり。国際バスケットボール連盟(FIBA)の理事会で20年東京五輪の開催国枠付与が承認されれば、76年モントリオール五輪以来、44年ぶりの出場が決まる。

 FIBAから、異なる2リーグの存在を問題にされ、14年に国際大会への出場を禁じる資格停止処分が科された。翌15年に制裁は解除され、17年には12年ロンドン五輪で母国を4強に導いたフリオ・ラマス氏(54=アルゼンチン)をヘッドコーチ(HC)に招聘。本格的な強化に乗り出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る